koleben’s blog

モノ・時間・情報からの自由になりたい。スローでイージーな暮らしを目指して

株主優待 2914 株式会社ドトール・日レスホールディングス

ドトールエクセシオールカフェや星野珈琲店を運営しているドトール・日レスホールディングスから株主優待が届きました。

f:id:koleben:20190525172716p:plain

株主ご優待カードはこんな感じです。利用単位も無く使いやすそうなプリペイドカード形式で、私は300株保有してますので3,000円分がチャージされたカードになります。

f:id:koleben:20190525173117p:plain

社名やカードのロゴからもわかるようにドドールと日本レストランシステム持株会社です。

ドトール・日レスホールディングスのグループ会社

ホールディングスには次のグループ会社があります。

社名 事業内容
ドトールコーヒー ドトールコーヒーショップエクセルシオール カフェなど、飲料事業及びカフェ事業を中心に展開する事業会社
日本レストランシステム 洋麺屋 五右衛門、星乃珈琲店、俵屋(TAWARA-YA)など、多業態型直営レストランチェーンを中心に展開する事業会社
D&Nコンフェクショナリー グループ間及び外部取引先に対し、高品質な商品を開発・販売する洋菓子製造・卸販売を行う事業会社
サンメリー 石釜パン工房サンメリーなどベーカリー・ショップ及びベーカリー・カフェ業態を中心に展開する事業会社
D&Nインターナショナル グループの経営資源を最大限活かし、戦略立案から推進まで海外事業におけるリテールビジネスの経営を統括する会社
プレミアムコーヒー&ティー 希少な高級コーヒー豆及び紅茶を直輸入し提供する事業会社

星乃珈琲店ドトールじゃなくて日本レストランシステム経営なんですね、不思議です。

ドトールはタバコの煙臭い店という印象でしたが、星乃珈琲店ドトール珈琲農園などプレミアムコーヒーショップにも最近は事業を拡張しています。

スタバやコメダ珈琲は禁煙ですが、ドトールでは受動喫煙対策で店舗を完全禁煙、紙巻きと電子たばこが吸える店、電子たばこのみ吸える店の3種に分けるそうです。

これがどう経営に影響するでしょうでしょうか?個人的には完全禁煙店が増えた方がいいですが。 あ、あと店外に煙の臭いが出ないようにして欲しいものです。

株主ご優待カードの使える店舗は限定的

「株式会社ドトール・日レスホールディングス」の「株主ご優待カード」のわりにグループ全店で利用できるわけではありません。

利用できるのはドトールコーヒーショップエクセシオールカフェの2つだけになってます。

せめて星乃珈琲店ドトールが経営してる喫茶店では使えるようにしてよ〜って感じです。

www.doutor.co.jp

「ル カフェ ドトール」や「カフェ レクセル」とかちょっと行ってみたかったのに...(優待券でw)

優待利回り

優待や利回りですが、一株配当が32円ですので、配当利回り1.53%になります。

2019/05/24時点の株価は2,098円でしたので、300株購入するのに629,400円

300株保有では、優待を入れると300x32+3,000=12,600円となり、優待込みの利回りは2%程度です。

最近の株価低迷を考えると優待でもう少し頑張って欲しいところではあります。

ドトールのような業態では株主優待目当てで株を保有する個人投資家も多いですので、すかいらーくのように優待も大幅に優遇するなどの作戦をとって欲しいものです、そうすれば株価も上昇しますから。

あと適用店舗の拡大ですね。

株主優待って結局はドトール側に還流しますので、もっと大盤振る舞いしてよという勝手な願望でした...