koleben’s blog

モノ・時間・情報からの自由になりたい。スローでイージーな暮らしを目指して

暗澹たる気分になるね。日経ビジネス「無定年」時代

f:id:koleben:20181009211823j:plain

「無定年」時代 年金激減後の働き方 年金財政は逼迫し、生計を立てるために 働き続けなければならない現実が迫る。 老後を年金だけに頼れない時代。 どう生き抜くか、これからの働き方を考える。

f:id:koleben:20181009211829j:plain

もうね、下記のように表題をなぞるだけで暗澹たる気分になりますよ(-。-;


働き続けるシニアのリアル

  • 2025年男性の厚生年金支給開始が65歳に
  • 2030年女性の厚生年金支給開始が65歳に
  • 2030年代前半積立金枯渇が顕在化、危機感が広がる恐れ
  • 2051年ごろ国民年金積立金が枯渇?
  • 2055年ごろ厚生年金積立金が枯渇?

将来の収支計算で判明(57歳、中小企業診断士

  • 70歳まで年300万稼ぐ必要

新人事制度で暗転(61歳、昨年退職し独立)

  • 「悠々自適の定年後」が崩壊

大和ハウス、日本綜合警備、カインズ

  • 企業も動き出すシニア活用

年金クライシス

  • 2050年代に年金積立金が枯渇?
  • 現役の所得に対する年金給付率も
  • 50%を割る危機的状況に
  • 年金水準は現状の7割程度も
  • 政府見通しのままでも基礎年金の大幅縮小は免れない?

我々は何歳まで働き続けるのか?


60歳まで働くのは大前提で、70歳まで年300万は稼げって... orz