koleben’s blog

モノ・時間・情報からの自由になりたい。スローでイージーな暮らしを目指して

フィリップス電気シェーバーの電池交換

私は肌が弱いので電気シェーバーはフィリップスのを使ってるんですが、最近急に電池の持ちが悪くなりました、充電しても数時間後には要充電の赤ランプが点いてしまうようになりました。

いま使ってるのは三代目のフィリップスで、シリーズ5000というのです。こんなやつ、購入したのは二年ほど前でしょうか。

電池がしょぼくなっただけなのに5千円とか6千円かかるのはもったいないなと思い、電池交換を試してみました。

もちろんメーカー非推奨なので真似をしないでくださいね。責任もちませんのであしからず。

分解

写真で説明したいと思います。

  • 分解前、シェーバーヘッドは5000についてるのではなくて9000シリーズの替え刃を使ってます。

f:id:koleben:20180915163841j:plain
Series 5000

  • ネジは後ろの一箇所です。固くて精密ドライバーでは回せず、普通サイズのドライバーでは入らずで少し困りましたが、ホッチキスの後ろの爪がジャストサイズでした。いったん緩めたら精密ドライバーでも回せました。

f:id:koleben:20180915164033j:plain
ネジが回しづらい

f:id:koleben:20180915164200j:plain
ネジを外したところ

  • ネジを外すとボディが外れます、ツメもあるので折らないように注意してください。

f:id:koleben:20180915164232j:plain
ボディをばらした

f:id:koleben:20180915164514j:plain
外装と中身

  • 中身(?)はこんな感じです。透明なカバーもツメが多いので注意してください。薄めのポイントカード類やピックなどがいいかと思います。

f:id:koleben:20180915164555j:plain
中身

f:id:koleben:20180915172727j:plain
透明カバーを外すところ

f:id:koleben:20180915164653j:plain
基盤が出ました

f:id:koleben:20180915172835j:plain
インジゲータは置いてあるだけ

  • 基盤部を裏返すと電池が入ってます。ショートや基盤を痛めないようにカッターや精密ドライバーでコジコジして接点タブのスポット溶接を外します。直列つなぎの端子も外したんですがハンダが乗らなかったので使いませんでした。プラスマイナスを間違えないようにマジックで極性を書いておきます。

f:id:koleben:20180915171151j:plain
基盤を裏返すと電池

f:id:koleben:20180915173352j:plain
電池を外したところ

f:id:koleben:20180915171217j:plain
電池もばらばらに

f:id:koleben:20180915171205j:plain
極性を書いておきます

新しい電池はフツーの単四充電池

元々の充電池を外してみたところ、SUPPO HSY-AAA0 .75-php、NiMH 750mAhとの記述が、調べてみるとニッケル水素電池で容量が750mAhってことですよね。 フツーの充電池ってことだよな...ということでこの電池を買いました。いわゆるエネループらしいので。

  • この電池をすずメッキ線で直列につないで電池ケースに戻します。タブをはんだするのが嫌だったのと弾性もあるようなので基盤とは半田付けせず接触させるだけにしてみましたが問題なく動くようです。

f:id:koleben:20180915172055j:plain
新しい電池

元どおり組み直して動作確認したところ無事動きました〜

買い直すのと比べて10分の1の500円以下で修理できました!さてあとはこれでどのくらいもつのかな...

電池交換後の状況も追記しました。

一週間経過後の状況です。

koleben.hatenablog.com